NO BULLY

実話から誕生!!
ピンクシャツデー
キャンペーン


ピンクシャツとは?
ピンクシャツデー
写真1
いじめ反対運動のこと。
この日、賛同者は、
ピンク色のものを身に着けることで
「いじめ反対」のメッセージを送ります。
閉じる

ピンクシャツデ―のはじまり


ピンクシャツがシンボルとなったのは、
カナダの学生が起こした行動に由来します。
舞台は、2007年のカナダ・ノバスコシア州の
ハイスクールです。ある登校日、9年生の男子生徒、
日本でいえば中学3年生、ピンク色のポロシャツを着て
登校したことでホモセクシャルだとからかわれ暴行を受け、
耐えきれずに帰宅してしまいました。
それを聞いた12年生の男子生徒ふたり、
日本でいえば高校3年生、その学校での学生生活も最後の年、
いじめなんてもううんざりだ!アクションを起こそう!
そう思ったそうです。そして、その日の放課後、
二人はディスカウントストアへ行きピンクのシャツや
タンクトップを50枚ほど買いこみ、その夜、
クラスメートたちに学校のBBSやメールで呼びかけました。
明日、一緒に学校でピンクシャツを着よう、と。

翌朝、ビニール袋に入れて持って行ったピンクシャツを
校門で配り始めると、二人の目に映った光景・・・、
それは、ピンクシャツを着た生徒たちが,次々と登校してくる姿。
ピンクシャツが用意できなかった生徒は、

リストバンドやリボンなど、ピンク色の小物を身に着けて
登校してきました。
二人の意思は一夜のうちに広まり、彼ら二人が呼びかけた人数より
遥か多くの生徒たちがピンクシャツやピンク色のものを身につけ
登校してきたことで、その日、学校中がピンク色に染まったそうです。
そして後日、いじめられた生徒は、あのピンク色のポロシャツを
再び着て登校してきました。

以来、現在にいたるまで、その学校でいじめを聞くことは
ないそうです。いじめに対抗しようと立ち上がった学生たちは、
言葉や暴力でなく、行動で意思表示をしました。
この行動がきっかけとなり、現在カナダでは毎年2月最終水曜を
ピンクシャツデ―とし、この日に、学校・企業・個人を含めた賛同者が
ピンクシャツを着て「いじめ反対」のメッセージを送っています。
学生たちが起こした行動は、地元メディアで取り上げられると、
瞬く間にカナダ全土へと広がり、アメリカのトークショーや
スペイン最大の新聞でも紹介されるなどして、現在も世界へと
広がってます。メディアで彼らのことが紹介された翌日には、
アメリカ、バミューダ、ノルウェー、スイスから彼らの元へ
多数の賞賛・感謝を伝えるメールが届いたといい
大きな反響が伺えます。


ブログ:彼らのその後の活動などを紹介、 Instagram:世界のピンクシャツデー画像などを紹介
ピンクシャツデ―は何をする日?
カナダでは、毎年2月最終水曜日をピンクシャツデーとし、この日、 賛同者はピンクシャツを着たり、ピンク色のものを身に着けて 学校や職場へ行くことで「いじめ反対」のメッセージを送っています。 カナダではピンクシャツデ―の運営団体が、毎年異なるデザインのピンクシャツを 販売しています。ネット販売もしているので、日本にいても購入が可能です。 Tシャツの売上金・募金などの収益は、いじめサポート・いじめ防止プログラムの運用に充てられます。

カナダでのピンクシャツデ―の歴史


2007年
学生のアイデアと行動がきっかけとなり、いじめがなくなったという出来事は、
学校関係者や地元ニュースを通じてカナダ全土に広まり、海外メディアにも取り上げられました。
2008年
ブリティッシュ・コロンビア州知事のゴードン・キャンベル氏が2 / 27 を
いじめ反対の日と発表すると、バンクーバー市長のサム・サリバン氏も、
キャンペーンを支持し自らピンクのシャツとネクタイを身につけ、市役所にピンクの旗を掲げました。
2009年
2009 年、ブリティッシュ・コロンビア州知事のゴードン・キャンベル氏は、この年、
ピンクシャツデーを2 / 25 と発表し、州全土の学校や職場などで一斉にいじめ防止キャンペーンを展開しました。
同州最大のショッピングモールでは動画メッセージコンテストが開催され、
最優秀賞作品が動画投稿サイトYoutube に投稿されると、閲覧数は1 週間で43,000 回を超えました。
2010年
2010年 冬季オリンピックの開催と重なったため、活動効果が薄れることを懸念し4/14に日程が変更されました。この年には、160,000人以上もの人たちがFacebookにて参加表明をしました。
2011年
2011 年、「いじめ問題は学校だけでなく、職場、インターネット上にも存在する」と考えたピンクシャツデーは、
学校以外にも職場単位での参加も広く呼びかけ、実際、多くの企業・団体がスポンサーとして参加を表明しました。
カナダにいる知人が、「銀行に行ったらスタッフ全員がピンクシャツを着ていたよ!」と教えてくれました。
ゲイの方たちが多く集まることで有名な地域だったので土地柄かと思ったそうですが、ピンクシャツデーを知り
納得したそうです^^;
2012年
2012 年、BC州知事はクリスティ・クラーク氏に代わりましたが、彼女もまたピンクシャツデーのイベントに
参加されています。 2011 年に加えて、スポンサー企業も増加しました!!
2013年
2013年 これまでとは大幅にデザインが変わりました。 カナダには、ロンドンドラッグスという、カナダ全土でチェーン展開している有名なドラッグストアがあります。 化粧品・家電・食品など大概のものが手に入る便利なお店で、私もカナダ在住の頃、とてもお世話になりました。 ピンクシャツデーのスポンサー企業のひとつであり、公式のピンクシャツは、ここでも販売されています。
2014年
2014年以降は、リニューアルサイト(←コチラをクリック)をご覧ください
カナダのピンクシャツデー運営サイト
http://www.pinkshirtday.ca/

BULLYING STOPS HERE
left arrow
  • 写真3
    2012 年2月
    カナダの事務所訪問
    Boys and Girls Club はバンクーバー市内の南東、近隣に幼稚園や児童公園、託児所もある静かな 住宅地内に位置しています。 事務所はこじんまりとしていますが清潔で整理整頓がなされており、活動案内や資料も整っていました。 また慈善団体ならではの「子供たちの手作り活動表」が受け付け付近に貼り出されており、 暖かい穏やかな雰囲気でした。

    その日、President & CEO のCarolyn Tuckwell 氏(左から2 番目)と、私たちピンクシャツデー 実行委員会の活動や理念の説明ならびに今後の協力体制などについて話をする機会を持ちました。 そのうえ職員の方々が快く写真撮影に同意してくれました。

    〈撮影・文/ピンクシャツデー実行委員会 村上桂子〉    


BULLYING STOPS HERE

日本語

English



写真4
写真5
私どもピンクシャツデー実行委員会のウェブサイトにご訪問くださいましてありがとうございます。
ピンクシャツデーとは、2007 年にカナダで誕生した「いじめ反対運動」です。
この日、賛同者は ピンク色のシャツを着たり、ピンク色のものを身につける事で「いじめ反対」の
意思を示すというシンプルなもので、子供から大人までどなたにでも参加いただくことができます。

この運動は、「いじめ反対」のメッセージとともに、いじめ問題を個人や当事者間だけの問題ではなく
社会全体の問題として捉え、いじめの定義・傍観者になること・無関心ということも含め、 あらゆる
いじめ問題について考える機会づくりをも発信するものです。
現在は、カナダだけにとどまらず、カナダ団体の運営サイト(2012 年時点)によると約75 カ国から
賛同者が現れる運動となり、世界でも広がりを見せております。

現在の日本社会においても、 いじめ・各種ハラスメント問題は子供から大人まで、場所においては
学校、職場、地域コミュニティ、 家庭内まで幅広く存在し、手段もネットを利用するなど時代とともに
多様化してきています。
こうした現状の日本においても、私たちは、このピンクシャツデーの存在を広め、
いじめ反対のメッセージを継続的に届けていくために、<ピンクシャツデー実行委員会>を
発足いたしました。皆様がピンクシャツデーを知り、今後展開していくうえで、このサイトが少しでも
お役に立てれば幸甚でございます。私たちピンクシャツデー実行委員会にはカナダ在住の
現地メンバーもおり、カナダ交流をはじめ、いじめ問題にポジティブに取組む様子を紹介するなど
いじめ反対運動を通じた海外との交流にも力を注いでまいります。

私たちピンクシャツデー実行委員会は日本におけるピンクシャツデーの普及を目的とし、またこの運動の広がりがいじめ減少と更には
個々の思いやり精神を育み温かみある優しい社会づくりへ繋がる契機となることを目的としております。
この運動を通して、一人でも多くの方に現代社会に存在するいじめ問題に関心を持って頂き、各個人が思いやりを持って他と接する、
思いやりある社会の雰囲気づくりに貢献してまいりたいと思っています。また、この運動の広まりに伴い、
いじめ問題に関する社会全体の関心も高まり、やがては条例や法の整備につながる一歩となることも考えられます。私たちの活動は、
いじめ解決への直接的な活動ではありませんが、様々な分野での取り組みと共存し、現状の改善につなげる運動です。

春には、満開の桜の花が日本列島をピンク色に染めるように、いつかピンクシャツが日本列島をピンク色に染める日を願って
活動していきたいと思います。皆様のご理解とご協力を心より、お願い申し上げます。


ピンクシャツデー実行委員会 高梨京子
写真4
写真5
We thank you for visiting our website.

“Pink Shirt Day” is an anti-bullying campaign that started in Canada in 2007.
Advocates wear a pink t-shirt on the day to send a message that they are against bullying.
It’s so simple. Everyone, from kids to adults, can join in this movement, anytime you want, and anywhere you are.

This campaign provides the opportunity to discuss bullying issues.
Bullying is not only a problem for those affected, all of us should see bullying as a problem of our society. We should talk about the definition of bullying, an on-looker, and indifference, etc.

This movement is not limited to Canada, it has become a worldwide movement in a short time. There were advocates from approximately 75 countries in 2012, according to Canada’s official website.

In Japan society, the problems of bullying and harassment can be found anywhere as well.
Thus, we hope to spread the Pink Shirt Day campaign to Japan. In order to do this, we have established a “Pink Shirt Day Preparatory Committee”. We hope this website will be helpful in your efforts in promoting this campaign in Japan.

Our Pink Shirt Day Preparatory Committee includes a local staff member who lives in Canada,
allowing us to keep you updated on the state of the Pink Shirt Day campaign within Canada.
We hope to facilitate more positive working environments free of bullying and harassment in another countries through this campaign.

The Pink Shirt Day Preparatory Committee will operate for the purpose of spreading the Pink Shirt Day campaign, in particular in Japan.
We would like more people to take an interest in this modern bullying problem.
We hope that the spread of this campaign will lead to eradication of bullying in the near future and that our society will be kind and considerate to one another.
Though this campaign alone cannot solely solve the issue of bullying, we will work with other programs towards this effort.

I look forward to the day when pink shirts color all the Japanese Islands, like that of cherry blossoms in full bloom color spring. I ask for understanding of all and cooperation.

Best regards,
Kyoko Takanashi
フライヤー
フライヤーです。(A5サイズ)
フライヤー:折り返してご使用ください。
ボランティア募集
ピンクシャツデーキャンペーンは、協力してくださる方を募集しています。
まったり、のんびり、ピンクシャツデーを広めています。
ご興味ある方は、下記のメール宛にご連絡ください。