ピンクシャツデー賛同者

 

カナダ首相のジャスティン・トルドー氏も、ピンクシャツデー運動に賛同しています。

 

いじめは、学校・職場・家庭・コミュニティ、そしてネットの中においてなど、子供から大人の社会まで存在します。カナダにおいても、「いじめは、いつでも・どこでも・誰にでも起こり得る問題」として、社会全体で対策に取り組んでいます。いじめ反対運動「ピンクシャツデーキャンペーン」は、そのいじめ対策のひとつとして展開されています。

トルドー首相も、ピンクTシャツを着て「いじめ反対」の意思表示をし、メッセージ動画を配信するなどしてキャンペーン参加を呼びかけています。そのほか、政治家・法律家・警察官・学校・企業・団体・スポーツ選手・メディアなど、各界から多くの賛同者がピンクシャツデーキャンペーンに参加しています。(ご参照:「ピンクシャツデー2017」