ピンクシャツデー2017

ピンクシャツデー2017

 

ピンクシャツデー運動をつくった二人のうちのひとり、

デイヴィッド氏からメッセージが届きました。

運動の創始者として活動を続けているトラヴィス氏だけでなく

デイヴィッド氏もまた日本の私たちの活動を見守り

応援してくれていることに心から感謝の思いです。

 

「みんなの活動が、よりよい世界へと

つながっていくことを望んでいる」

と届けてくれたデイヴィッド氏。

かつて彼は、いじめの存在を知ったとき

実際にアクションを起こし、いじめをなくしました。

私たちひとりひとりが行動に移すことが大切だと

改めて教えてくれる存在です。

 

ピンクシャツデー運動は、

「いじめには反対の意思表示をしよう、

立ち上がろう、アクションをおこそう」

とひとりひとりに呼びかけています。

 

「いじめを見たら、ひとりでも立ち上がってほしい、

アクションを起こしてほしい」という

創始者トラヴィス氏の切なるメッセージは、

いじめを止めるために

「その場に直接ひとりで介入すること」に限りません。

 

いじめに気づいたとき、

決して見てみぬふりをしたり傍観者になるのではなくて、

何かしらのアクションを起こそうというものです。

 

『ひとりの傍観者が、他の誰かに

助けや協力を求めることもアクションのひとつ』です。

 

海外の研究データや専門家が示すように、

傍観者が変われば、

いじめはかなり減らすことが可能と言われています。

傍観者になることなく

何かしらの手段や方法を諦めずに見つけようというものです。

 

いじめの被害を受けている人にとって、

誰かにうちあけたり相談することは

勇気のいることだと思います。

心配をかけたくない、迷惑をかけたくないと

ひとりで抱え込んでしまう人も少なくありません。

 

長引いてしまうと、いじめをする側も

その行為に依存し、なかなか抜け出せなくなります。

だからこそ、まわりにいる人が傍観者になることなく、

何かしらのアクションを起こすことが大切です。

 

また、そのアクションのタイミングによっても

その後のいじめの状況が

継続・エスカレートしていくかどうかに

影響を与えるという欧米の研究データがあります。

最も効果的でいじめを長引かせなかったというケーススタディは、

その時点で介入した場合で、

さらに数秒でも、数分でも、介入が早ければ、

いじめはその場でくいとめることができ、

その後、継続する確立もぐんと下がるそうです。

 

ピンクシャツデー運動は、いじめ問題に対する

意識向上を目的とした啓発運動でもあります。

この運動が普及することで

子供でも大人でも、学校や職場や地域で悩んだ人が

一人で抱え込まなくてもいい社会に

繋げていけたらと思います。

 

2017年のピンクシャツデーの様子を、一部ご紹介したいと思います。

 

就任前からピンクシャツデー運動に賛同しているトルドー首相が

昨年(ピンクシャツデー2016)につづき、

今年のピンクシャツデーにも

いじめ反対のメッセージを発信しました。

 

 

警察・消防など

多くの州警察や消防もキャンペーンに参加しています。

警察官の制服はピンク色に。

 

 

飲食店、企業など

ファミリーレストランやカフェ、

ホームセンター、銀行、航空会社、ホテル等々が

企業単位でキャンペーンに参加しています。

 

 

スポーツ

フィギュアスケート、アイスホッケー、アメフト、

ゴルフ、野球選手、オリンピック選手など

多くのスポーツ選手たちもピンクTシャツを着て

キャンペーンに参加しています。

 

 

メディア

毎年、報道キャスターやラジオDJなども

自らピンクTシャツを着用し登場します。

多くのメディアで取り上げられることで

社会全体でキャンペーンを盛り上げ、

いじめ反対メッセージが広められています。

 

 

その他

 

 

 

ピンクシャツデー運動は、

いじめが発生しづらい雰囲気づくりをする事で

いじめ防止対策としても役立てられています。

 

「もうひとりで悩まなくていいんだ、

ひとりじゃないんだ」

と、そんなふうに感じてもらえるような

前向きで温かい運動だとも思います。

 

来年も、ピンク色のものを身につけて

ピンクシャツデーキャンペーンに

ご参加いただければ嬉しいです。

 

ピンクシャツデーのあゆみカテゴリの最新記事