ピンクシャツデー2018

ピンクシャツデー ラリーイベントに参加してきました

ピンクシャツを着てイベントに参加したボランティアのこどもたち

カナダのバンクーバーにて開催された

「ピンクシャツデーラリー(集会イベント)」に、

私たちピンクシャツデー実行委員会も

参加してきました。

( 写真提供:pinkshirtday.ca )

980CKNW(ラジオ)とGlobal News(TVニュース)が

早朝から共同ブースを設置し、

街角から番組が生放送されていました。

運動の創始者であるトラヴィス・プライス氏も

番組に出演し、いじめ反対のメッセージを発信しました。

また、カナダの現地メディアばかりでなく

日本からもメディア取材が入り、

トラヴィス氏や関係者などへ

インタビューがなされました。 

日本ではまだ

ピンクシャツデー運動が知られていない頃から、

わたしたち「日本ピンクシャツデー」の活動に

協力してくれているトラヴィス氏。

「ピンクシャツデー運動を通じて、

アクションを起こすことの大切さを知ってほしい。

日本でも、いじめがなくなるよう

協力することができれば嬉しい」

と話してくれました。

いじめ反対のフライヤーを持つ創始者

放送ブースの横には、

スポンサー企業が製作したピンクのメッセージボードが

設置されていました。

通勤や通学の前に、自ら足を止め

メッセージを書き込む人々の姿が見られました。

ボランティアに参加したBCライオンズの選手ふたりも、

ボード脇に立ち、募金を呼びかけていました。

スポンサー企業のひとつである

ドラッグストアの店頭には看板が置かれ、

スタッフは全員がピンクTシャツを着たり

ピンク色の靴やネクタイをつけていました。

写真を撮りたい人があらわれると、

スタッフのジョンさんが声をかけ

皆を集め撮影に応じていました。

午前7時には、ボランティアの人たちが

街のブロックごとに立ち、

キャンペーンへの参加を呼びかけながら

募金活動をしていました。

州警察もキャンペーンに参加しています。

警察官の胸元の「POLICE」の文字も、ピンク色でした。

警察車両には

「BULLYING STOPS HERE(いじめを止めよう)」という

ピンク色の文字が見られました。

そして、日本メディアのインタビューにも応じてくれました。

消防士と救急隊員の皆さんは、

駅前で一緒に募金活動に参加していました。

早朝ボランティアの人たちが

学校や職場へ向かうため、路上から姿を消すと、

街のブロックごとに置いてある立て看板が

存在感をあらわします。

ピンクの立て看板

多くの企業がキャンペーンに参加するカナダでは、

銀行や飲食店でもスタッフがピンクシャツを着用したり、

ピンク色のドーナツ、カップケーキ、チョコレートなど

ピンクシャツデーに因んだ商品が販売されます。

そして、売上の一部と募金のすべてが

「いじめ防止プログラム」へ寄付されています。

チョコレート専門店では、

りんご型の大きなチョコレートが

ひとつ8カナダドルで販売され、

そのうち1カナダドルが寄付に充てられるとのことでした。

その他

ウォーターフロント駅ちかくの

こちらのカナダプレイスは

船のマストと帆をイメージして作られた建物で、

バンクーバーのシンボル的存在となっています。

コンベンションセンター、ホテル、3DIMAXシアター等があり

ランドマークとして親しまれています。

例年、ピンクシャツデーにあわせてピンク色に

ライトアップされます。

2010年冬季に開催された

バンクーバーオリンピックで使用された

オリンピック聖火台も、

ピンク色にライトアップされました。

カナダのスケート選手たちも、

毎年ピンクシャツを着て

キャンペーンに参加しています。

ブリティッシュ・コロンビア州知事の

ジョン・ホーガン氏も、前知事に続き、

ピンクシャツデー運動に参加しています。

カナダでは、ジャスティン・トルドー首相も

ピンクシャツデー運動に賛同していることから、

政府機関や議員の参加も目立ちます。

ピンクシャツを着て演説するbc州知事
ジョン・ホーガンBC州知事

日本でも、この運動が広がり、

やがて、この運動の存在が

現状を少しでも良い方向へと

変えるきっかけになればと思います。